不動産の相談をする夫婦

自己資金が少額の方でも手軽に始められる不動産経営

図面と電卓

不動産経営を始めるにあたってはアパートやマンション等の賃貸用の物件を手に入れることが出発点となります。アパートやマンション等の賃貸用の物件の購入には決して少なくはない金額が必要になってくることから、不動産経営に興味はあっても金銭面が心配だと感じられる方も多いはずです。
しかし、一般的な住宅と同様に賃貸用のアパートやマンション等の購入に際しては金融機関からの融資を受けたうえで物件を購入するのが一般的であるため、不動産経営は自己資金が少額の方でも比較的手軽に参入できるといったメリットがあります。また、金融機関からの融資に関しては団体信用生命保険への加入が貸し付けの条件となっていることからローンの契約者である人物が不幸にして亡くなられた場合であってもそのご遺族の方が代わりにローンの返済を背負わされるような心配もありません。
しかし、金融機関からの融資に頼って不動産経営を始めるにあたってはくれぐれもローンの返済に行き詰らないような堅実な不動産経営を継続していくことが求められます。
入居者の確保やリピーターの確保に手こずってしまうなどをするとローンの返済が行き詰ってしまい非常に大変な思いをする羽目に至ってしまうことになるからです。不動産経営を始める際には必ず信頼のおける専門業者へ相談をしたうえで失敗しない不動産経営を目指すようにしたいものです。

ピックアップ

イチオシ